新型コロナウィルス感染症拡大防止のためのオンライン診療システム「CARADA オンライン診療」のご活用について

厚生労働省から2月25日(火)に発表された「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」※1と2月28日(金)の事務連絡※2により、感染拡大の防止の観点より慢性疾患等を有する定期受診患者様に対して、当該慢性疾患等に対する医薬品が必要な場合にオンラインでの診察、オンラインでの服薬指導が可能になりました。
当社では、患者様同士が接触することによる感染拡大の一助として一定期間、システムの無料提供を行なっております。

※1:厚生労働省「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針
※2:厚生労働省医政局医事課、厚生労働省医薬・生活衛生局総務課からの2月28日(金)付の事務連絡「新型コロナウイルス感染症患者の増加に際しての電話や情報通信機器を用いた診療や処方箋の取扱いについて」

2月28日付の事務連絡をまとめると、以下の通りです。

<医療施設>
  • 慢性疾患等で定期的に受診されている患者様に対して、電話や情報通信機器を用いた診察での医薬品の処方できるようになります。また電話等再診料、処方箋料を算定できます。
  • 事前に診療計画が作成されていなくても、問題ありません。
  • 処方箋情報を、ファクシミリ等により患者が希望する薬局へ送付可能になります。

<薬局>
  • 薬局はファクシミリ等により送付された処方箋情報に基づき調剤できます。この際に調剤技術料、薬剤料を算定できます。その後、薬局は可能な時期に処方箋原本を医療機関から入手する必要がございます。
  • 薬局は、電話や情報通信機器を用いて服薬指導ができます。この際に適切な指導を行いその他の要件を満たしていれば薬剤服用歴管理指導料等を算定できます。
医療従事者向け医療情報サイト「Clinical Cloud」内で、解説動画を配信しております。
※動画の視聴には「Clinical Cloud」への登録が必要です。
デモ体験予約•お問い合わせ