新型コロナウィルス感染症拡大防止のためのオンライン診療システム「CARADA オンライン診療」のご活用について

厚生労働省から2月25日(火)に発表された「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」※1とそれに基づく4月10日(金)の事務連絡※2により、既に治療中の患者に加え、医師が医学的に可能であると判断した範囲において初診から電話や情報通信機器を用いた診療による診断や処方ができるようになりました。

当社では、新型コロナウイルス感染症の重症化のリスクとなる、高齢者や慢性疾患の患者が通院することによる感染を危惧し、『CARADA オンライン診療』の無料提供※3を実施することでオンラインによる診療を促し、感染拡大抑止の一助となることを目指しています。
ご利用を希望される医療機関の方は、是非お問い合わせください。

<無料提供期間>
2020年9月末日まで
新型コロナウイルス感染症の流行状況により、変更になる可能性があります。

※1:内閣官房「新型コロナウイルス感染症対策の基本対処方針
※2:厚生労働省医政局医事課、厚生労働省医薬・生活衛生局総務課 事務連絡「新型コロナウイルス感染症患者の増加に際しての電話や情報通信機器を用いた診療や処方箋の取扱いについて
※3:通信費は別途必要となります。既に『CARADA オンライン診療』を利用中の医療機関は対象外となります。​

医療従事者向け医療情報サイト「Clinical Cloud」内で、解説動画を配信しております。
※動画の視聴には「Clinical Cloud」への登録が必要です。
デモ体験予約はこちら

医療機関の方へのご案内資料

ご案内資料ダウンロード